意見

【ひとりごと】第三者に「汚さ」を感じさせようと売れるのはとても良いこと。でも…

こんにちは、しもんです!

(今日はどうしても具体的な名称を書けないので、抽象的な話になってしまうことを先に謝っておきます。申し訳ありません!そして4日くらい連続でネガティブな話で申し訳ない!)

 

さて、

「商品やサービスが売れている」ということは、買い手と売り手で交渉が成立しているということです。
もし売り手が汚い売り方をしているとしても買い手の需要を満たしている事実は変わらないので、ものやサービスが売れるのは良いことです。

商品やサービス対して、それらを買っていない第三者がどうこう言う問題ではないと思っています。

なぜなら、売れることで経済が動くからです。
お金は回していかないと社会的に存在意義がないので、お金は回していく必要があります。

その点では汚い商売だろうと、売れているのは良いことなのです😊

 

しかし、サービス・商品提供者が「サービスそのもの」や「サービス購入者たち」を侮辱しているようなサービス・商品づくりをしている場合は別です。

 

特に、
クラシック音楽を扱っているにも関わらず、売れることだけを意識して商品づくりをした結果、クラシック音楽を歪めたりクラシックに真摯に向き合っている人間たちを侮辱するような商品を作っている人や会社が存在しています。

 

売れているのは社会的に良いことです。

でもクラシック音楽界全体として見たらどうだろうか。
短期的視点で考えても、長期的視点で考えても私にはどうしても理解ができない。

クラシックを利用して侮辱しているから、本物のクラシックを知っている人たちはどんどん離れていく…。

 

今は大衆に迎合してクラシックの根幹を完全に無視している商品やサービスを提供している人や組織たちも、元々はちゃんとクラシックのことを考えていたはずなのです。

実際に私はその商品やサービスを買っていました。

 

しかし、大衆迎合した結果、クラシックの「ク」の字も伝えられないような3流サービス(商品)に転落してしまった。

 

売れることだけを意識したら、マジでクラシックのバランスは崩れる。

もう少し上手いバランスの取り方を考えてほしいと思いました。

今は大衆に迎合しているサービスや商品提供者も、元々はしっかりとクラシック音楽に向き合ってやってきたことを私は知っているのです。だから心が痛い。

今のサービスや商品作りにおいて、「人やクラシックそのものを利用して食い尽くしてやろう」みたいな精神を感じてしまうのです。

 

売れるために頑張っていると思うけど、売れる商品・サービスづくりをしていることでクラシックをバカにしているクラシックメディアがある。

「売れること」と「本当のクラシックを伝えること」のバランスをもう少し模索してほしい。今の一部のクラシックメディアは本当にクラシックを侮辱していると個人的に感じている。