日記

【日記】ちょっとずつ睡眠の質が上がってきた!

こんにちは、しもんです!

睡眠の話をする前に私の普段の過ごし方を説明すると、私は基本的に1日中家の中で仕事をしています。
一般的な仕事のように通勤などで体を動かしたり、人と喋ることすらほとんどありません。

さて、1月に入って二度寝やお酒をやめたことで睡眠の質は上がったのですが、それでも睡眠がうまく取れない日がありました。


そこで、原因を探し出して一つずつクリアしていったところ、最近は以前と比べるとかなり良い感じで睡眠が取れています。

睡眠の質を上げるためにやったこと

睡眠のために何をやったか(or 何をやめたか)というと

・朝と昼と夜にやっている筋トレと有酸素運動の負荷を上げる

・21時半には歯磨きを済ませてシャワーを浴びる(お風呂に浸かる場合は21時くらいまでに済ませる)

・21時からはなるべくお水(水分)を取らない

・21時からは照明を暗くする

・22時半〜23時には布団に入る

・ベッドの上ではなるべくスマホを見ない

これでかなり睡眠の質が上がりました!

一つずつ解説します!

筋トレと有酸素運動の負荷を上げる

体が疲れていないと睡眠の質は下がってしまうんですよね。

私は脳を使う仕事のほうが圧倒的に多いので、体を疲れさせて上げることで睡眠の質をあげています。

なので、筋トレと有酸素運動で体をメタメタに酷使するようにしています!

早めに歯磨きとシャワーを済ませる

今までは寝る直前に歯磨きやシャワーをすることが多かった。

しかし、歯磨きやシャワーをしてしまうと覚醒してしまうので、寝る1時間〜1時間半前には終わらせるようにしています。

そうすることで自然な眠りに誘(いざな)われます。

created by Rinker
¥1,336 (2022/05/16 15:00:12時点 Amazon調べ-詳細)

21時からは水分を取らない

私は今まで寝る前にサプリメントを飲んでいたのでその時に大量にお水を飲んでいたのですが、日によっては睡眠時に尿意で起きてしまうことがありました。

そこで、サプリメントは日中に飲むようにして、
21時を過ぎてからは水をなるべく飲まないようにしたら尿意によって起きることがなくなりました!

私は毎日2リットル以上のお水を飲んでいるのですが、お水を飲むのが習慣になっている人は寝る前の時間に飲まないようにするだけで効果があるかもしれません。

21時から照明を暗くする

21時を過ぎたら、電気の色を白や青の光ではなくオレンジ色の電球色に変えています。

そして光量も少なめにすることでリラックスして睡眠に対する準備ができるようになりました。

そして遅くても23時には布団に入ります!

スマホをできるだけ見ない!

せっかく睡眠の準備をしたのに、お布団の中でスマホを見てしまうと覚醒して眠れなくなります。

その理由は、

・スマホのブルーライト
・SNSや動画による刺激

この2点です。

スマホのブルーライトで覚醒しまう件に関しては今までよく言われてきましたが、
スマホで観ているものの内容で脳が興奮状態になってしまうことでも睡眠が阻害されます。

「ベッドは寝るための場所!」と自分に覚え込ませる必要があるんですね!

とは言っても完全にスマホを見ないのは難しいので、できるだけ減らすようにしています!

みなさまも、ぜひ良い眠りを!
体の免疫力はもちろんですが、ストレス耐性もつきます!!😊